バナナはうまい

アクセスカウンタ

zoom RSS サンデー44号

<<   作成日時 : 2007/10/03 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【結界師】
扇一族の一人が夜行のメンバーに攻撃開始。あまりに
突然のこととはいえ、夜行がここまで一方的にやられる姿は
初めて見た。これに静かに怒る正守はこうなったときが一番
恐い。


【金色のガッシュ】
あれだけ強くなったブラゴに対し、それでも一方的な
強さを見せるクリアとヴィーノは本当に力の底が尽きない。
とはいえ、それだけで終わらないのがブラゴであり、
そこに来るのがこれまたガッシュ!わかってはいても
こうやって二人が共闘という形を取るのが凄くたまらない。
まさに夢の共演再びというか、もう興奮。


【ダレン・シャン】
今回で第6章が終わる=ようやく原作を読むことが出来る

ということだが、それにしてもダレンの運命は数奇としか
いいようがなく、どんどん話に引き込まれていく。


【お坊サンバ!!】
大数珠を3つ手に入れたことで、各々一つ持つことになる。
ハンサムが『豆』の大数珠(豆が食べたくなる能力)になる
ところがさすがはギャグ漫画で、こうやってネタを外さない
ところが好きだ。ともかく今回はハンサムの豆食いたいネタ
一色だったのが個人的にツボで、アゴを外しつつ食べようと
するハンサムの姿が可笑しかった。


【断罪の炎人】
引き続きユウの過去話。事故から生き延びたユウを神貫と
名乗る青年が助け、そんな神貫率いる傭兵たちユウと暮らす
ことになるのだが、あっという間に話は進み、終わり際では
今のユウの姿になる過去のユウ。そして、今度こそが地獄の
始まりらしく自身と似たような姿をされた人たちが人体発火。
事故で両親を目の前でなくし、次もまた人が死ぬ様を見ることに
なったユウを思うと、彼がああいう性格になるのは当たり前の
ような気がする。ほんと、この後どれだけ酷いことがあるのかと
思うと次号が待ち遠しいようで待ち遠しくない。ニナミはニナミで
過酷だっただけに、彼女とはまた違ったレベルで酷い目に遭って
いるユウの姿はもう痛々しくてしょうがない。



【ギャンブルッ!】
伊達の作戦を知っていながら、彼と真っ向勝負をするマサルは
ページをめくるたびに何をしてくれるのか楽しみでしょうがない。
そんなわけで、ようやく動いたマサルの動きに伊達に多少の
焦りが見え隠れする。ここからがマサルの度胸強さとジャンの
頭脳の本領発揮といった感じで、もう目が離せない。


【兄ふんじゃった!】
細かい伏線に全く気付くことなく、今回まで読んだので
こういうときこそ単行本の力をかりようと思う。
ということで、兄ふんじゃったの新刊はいつ出るのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
サンデー44号 バナナはうまい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる